副業

FXで24時間運用している取引があるって聞くけど、どうして24時間運用できるの?

FXで24時間取引ができるというのは、既に知っている人も多いかもしれません。
ところが、初めての人にとっては、どうやって運用しているの?と思うことがほとんどです。
昼間はわかるけど、夜中はどこで運用しているのか全く想像がつかない人もいます。

FXが24時間運用できるのには理由があります。
その答えは外国為替市場は世界中で取引されているということになります。
そして、世界の国々には時差があるために、日本は夜中であっても、別の国では昼間だという状態になるわけです。

そして、世界全体でみるとどこかの外国為替市場が開いていると考えてください。
そして、主要な市場にはいくつかあって、東京市場のほかにロンドン市場やニューヨーク市場などがあります。
この3つの市場はそれぞれ別の時間帯に開いているために、24時間FXの取引がされているような感覚に陥ります。

しかし、市場に参加している投資家は、それぞれ特徴があり、また、その市場のある国の政治や経済状態によってもかなり、為替レートの動きなども変わってきます。
そして、同時刻に開いているわけではないのですが、それぞれの市場が関連していると考えてください。
その違いもFX取引をする上での面白さなのかもしれません。

このページの先頭へ