副業

FX取引で失敗したという時の状況の例を教えて下さい

FXは歴史が浅いといっても、これまでにも何人もの人が取引に参加してきました。
そして、成功した人もいれば、失敗した人もいます。
成功した人の例を参考にするのはいいのですが、失敗したという話はあまり聞きたくありません。

でも勉強のためには先人の知恵を学ぶ必要があります。
そこで失敗した場合はどうなるのかということをご説明します。
失敗するときは、欲を出してしまうときです。

一つ例を挙げると相場の上昇時にこれからも上昇するはずだと思って、そのまま通貨ペアをホールドし続けることがあります。
ところが、逆に相場が下落することもあります。
これはどんなプロであっても、読みが外れることがあるからです。

そうするとそのまま売ることができず、損をすることになるのです。
これはタイミングを逃してしまったことにあります。
どこで切り上げるのかの判断はとても難しいところです。

できるだけ損をしないことを考えるならロスカットを駆使してFX取引を行うといいでしょう。
ロスカットは損失を最小で止めるために行います。
ロスカットは、どんなに相場が下がっても損失はある一定の範囲内で収まるようになっているので、立ち直りも早いといえるでしょう。
立て直すことができれば、すぐにまたFXに参加しましょう。

このページの先頭へ