副業

FX取引は利益は大きいが反対に損する事も大きい

FX取引では少ない金額を使って投資をしているときには、問題になりませんが、レバレッジをかけてFX取引を行っているときには注意しなければならないことがあります。
それは、利益が出るときは大きいけれども、損をするときも同じくらいの損失が出てしまうことになることです。
初心者が勘違いしてしまうのは、儲けることだけを考えて損をしたときにどうなるのかまで想像できていないことなのです。

FX中級者以上になるとレバレッジの怖さを知っているので、リスクヘッジをうまくしています。
ところが初心者にはそうしたレバレッジの損失の怖さを過小評価していることがあります。
そのために大やけどを負ってしまうことがあるわけです。

FX取引は相場が大きく動かないことには利益が出ません。
自分が予想した相場の動きならどんどん利益がでますが、逆に動くと今度は損失が大きくなってしまいます。
FXではきちんとリスクを軽減しながら、取引を行うことが大切です。

ロスカットなどの手法ももちろん大切です。
初心者はレバレッジの仕組みをもっと勉強して、相場の動きに合わせて注文の出し方を対応できるようにしましょう。
大もうけではなく、損失を減らしながら、確実に利益を出すようにしましょう。

このページの先頭へ