副業

円高、円安の時のFX取引への影響はどのらいになりますか?

FXをするときには、為替相場についてよく勉強しておきましょう。
よく東京外国為替市場の円相場などが、ニュースで出てきます。
そのときによく言われるのが円高http://fx-cfd.net/07_endaka.htmlと円安http://www.milliondollarmuse.com/ee.htmlです。

もちろん、円だけを取り扱っているだけではなく、せかいの様々な通貨を扱っています。
FXはそうした世界の通貨を取引して利益を出すものです。
では最も基本となる円高と円安について考えてみると、円高というのはその名の通り円の価値が高くなっていることを指します。

ところが、これもある通貨に対して円高という意味で使っており、別の通貨では円安になっているところもあり、それがFXの面白さに繋がっています。
円の価値が高いときには、他の通貨をたくさん買うことができます。
逆に円安になると、円の価値が下がることになりますので、他の通貨をあまり買うことができなくなります。

円を中心に考えると円安のときは、円を買って他国の通貨を売るとより多くの円を手にすることができます。
日本で手にする円の価値が違ってくるので、その違いが利益を生む元になっているわけです。
注意して欲しいのは、感覚的に為替相場観を養う必要があるということです。
相場の動きが早いために、すぐに判断できるほうが有利になります。

このページの先頭へ